読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外放浪女子の旅Blog

~途上国の教育と雇用に革命を~ 25歳女一人、仕事を辞めて国際協力の現場へ向かいます。

フィリピン 墓地に住む子供たちへ炊き出しボランティア

先日、セブの共同墓地で暮らしている人々を訪れました。

f:id:mariina0919:20170520230540j:image

目的は以前のブログに書いたように、「ボランティア活動の必要性を知りたい」という点にあります。

将来途上国支援に携わっていきたいと思っているにも関わらず、私はまだボランティアに良いイメージを持っていません。
その上で感じたことを書き残しておきます。


今回お世話になった団体は現地の小さいNGO。スタッフはフィリピン2人と日本人女性1人。スタッフの方々に終始質問責めをしてきました。

 

日本人女性は私とそんなに年齢が変わらない方でした。大学卒業後、お墓でのボランティアを通してこのNGOに興味を持ち、社長に直々にスタッフになりたいとお願いしに行ったらしいです。ただ、給与は出ないため、セブで働きながら活動に参加しているとのこと。あっぱれ。

 

f:id:mariina0919:20170520225453j:image
この墓地には150以上の家族が住んでいます。

このように違法でお墓に住む人はセブだけではなくフィリピン全体にたくさんいるらしく、社会問題となっています。


なぜ違法と知りつつお墓に住み続けてると思いますか?

 


今回訪れた場所は、100年ほど前に裕福な中国人が作った共同墓地です。今は誰のものでもありません。そのため、50年ほど前から貧しいフィリピン人が勝手に住み始めました。

家を建てなくてもいいし、家賃もかからないし、彼らにとってベターな環境です。
政府は取り締まるどころか、僅かながら金銭的支援をしてくれているとのこと。

 f:id:mariina0919:20170520225923j:image

私たちはこのお墓で、子供たちへの炊き出しボランティアをしました。

かといって彼らは他に食べるものがないわけではありません。この後に家族でご飯を食べます。

f:id:mariina0919:20170520230036j:image
なぜこのNGOの活動の1つに炊き出しボランティアがあるかというと、
「お腹いっぱい食べれることの幸せを感じてもらい、貧困から抜け出したいという気持ちにさせるため」
とのことです。同感。

さらに、500ペソの支援金を払って参加してくれるボランティアの方に目で見える形で活動内容を伝えたいそうです。

 f:id:mariina0919:20170520230015j:image


お墓に住む1つの家庭に事情を伺うことができました。

・結婚したが住む家がないためここに来た
・25年間いる
・夫は1日150ペソ(330円くらい)稼いでくる
・子供は4人

セブでは日給平均250ペソくらいと先生から聞いたので、かなり少ないです。ちなみに私が見た限り現地の安い屋台でも1人1食80ペソかかります。

また、どの家庭も大家族です。そのため兄弟の中で学校に通えない子もいます。公立学校は無料です。

なのになぜ通えないと思いますか?

 大きな理由は2つです。

・筆記用具や制服が買えない
・家族のために路上で働かなきゃいけない

 

貧困が子供の夢を奪ってしまいます。

私は「貧しい=不幸」だとは思いません。ただ、教育を受けられないのは納得いきません。

 

 f:id:mariina0919:20170520230152j:image

 

さて、お墓で暮らす人々について知り、皆様は何を感じましたか?


ボランティアに偏見を持ってる私が思ったことは、

彼らを、この環境、この人生で妥協させてしまっているのではないのか、

ということです。


無料で住めて、丈夫な屋根も頑丈な壁もあって、政府も金銭的支援をしてくれて、たまに日本人が炊き出しもしてくれて、もうここを出たくない!って状況になってしまっているのでは?自立への努力をボランティアや政府自身が妨げているのでは?(かなり偏った見方なのは承知です)

貧しい人は豊かな人生に向けて努力すべき、とは全く思いません。「貧しい=不幸」ではないと思うからです。けど、違法を見逃していたらいけないと思うんです。治安も環境も悪くなる。

 

 f:id:mariina0919:20170520233410j:image

住む場所と仕事さえあれば、そして教育を受けられれば、貧しくても家族で支えあって生きていける。


教育と雇用をどう解決していくか・・・

やっぱり私は、無償支援じゃないところにヒントがあると思うんです。

 

まだまだ学びを続けます。


来週はゴミ山で暮らす人々を訪れる予定です。またレポートします!

英語のスピーチで脱シャイガール

久しぶりの投稿です〜!

ここに来て早くも1ヶ月経とうとしています。日本が全く恋しくなりません。あ、でも会いたい人はたくさんいます。一番会いたいのは愛犬のプー太くん。元気かなー

 

さて、英語を勉強し始めてもうすぐ1ヶ月
フィリピンでの1日は24時間もないんじゃないかと思うほど、あっと言う間です。

 

成長実感ブログを書いているけど、自分が目指すところへ向けての成長が小さすぎて、このままで大丈夫かと、焦ります。

ただ、不安になった時に思い出すのは、先生だった頃の自分の言葉。


“塾に入れば成績が上がる、なんてことはないよ。先生は、君の頑張りを全力でサポートするだけ。頑張るのはいつでも君だよ。成績は上がったり下がったりする。それは周りの人も頑張っているからだよ。無駄な努力は1つもない。気持ちと行動が変われば必ず成長できる。継続することに意味があるんだよ。今からスタートだね。”


留学はスタート地点。
自分のペースで、小さな成長を自分で見つけながら、一歩ずつ進んでいきます。英語の勉強に終わりはありません。

 

ということで、
今日も成長を実感できているポイントを紹介します!(自分に伝えてあげます!)

 

◆Speech Class

f:id:mariina0919:20170516222058j:image

毎週金曜にある自由参加のクラスです。新入生と卒業生は必須ですが、私は毎回参加させてもらってます。

テーマは自由。前に立って3分くらいで発表します。

このクラスに出て成長できてるなーって思うところを3つ!


・発音の改善

私の原稿を先生に読んでもらい、録音し、時には口の動きを録画し、何度も何度も聞いて練習し、本番に備えています。
自分の声を録音することで、最初との違いが分かりやすいです。
まだまだですが、あ、成長できてるって思います。同時にもっと可愛い声になりたいって思います。


・自己開示の練習

スピーチはいつも自分のことについて喋ってます。そして原稿を丸暗記してます。ていうより、練習しすぎて自然と覚えられます。
おかけで、新しい先生に自己紹介する時、すらっと出て来るようになりました。
海外で自分のことを相手に伝えることは多いと思うので、良い練習になってます。恋愛についても喋っておきたいけどまともなネタがない。

 f:id:mariina0919:20170516222110j:image


・英語への抵抗感の喪失

英語を使うことに今までかなり抵抗感がありました。リトルをリドゥーって発音するって知ってても言えないあの恥ずかしさです。

英語に関しては超シャイガールでした。
けどここへ来て、英語を英語っぽく話すことに慣れて来ました。自信がついてきました。
CAさんにウォータープリーズとはもう言いません。

 


この他にも、人のスピーチを聞くことで刺激になったりリスニング力が鍛えられたり、先生からの講評をもらえたり、良いことだらけです。


そして何より私は人前で話したり自己開示することが大好きなので、大勢の中で喋れること、聞いてくれることが嬉しいです。

授業が出来ない寂しさをスピーチで埋めてます。

 

今週のスピーチは日本での仕事について。原稿書きながら生徒が恋しくて散々泣きました。そう、未練がましい女です。

 


あと9週間、9回スピーチを楽しもうと思います^ ^

 

日本に帰ったらパソコンを即修理して、12回分の英語のスピーチをブログに載せたいなーって思ってます!
良かったら読んで下さい^ ^


ではではおやすみなさい〜!

 f:id:mariina0919:20170516222139j:image

愛犬のプー太くん

 

P.S.パソコンだけじゃなくてiPhoneも調子が悪くなり、範囲選択がなぜか出来にくいので、最後の方は、太字なしです。多分割れてるせいで反応してくれない。使いづらくてブログ書くことが億劫になってきました。でもたまに書くのでまたきて下さい。

海外旅行は単語と笑顔だけで乗り切るタイプでした

これまで10回くらい海外を訪れました。

友達と行ったり1人で行ったりです。

 

特に1人の時は困らないようにと、日常英会話のフレーズ集を持っていき、飛行機の中で必死に覚えてました

 

ただ、覚えたフレーズを実際にちゃんと使えたことは一度もありません

単語だけしか出てこない。しかも発音が伝わらなくてジェスチャーと顔芸で乗り切る。

 

今までの私の海外旅行はいつもこんな感じでした。

 


飛行機の中で何度も何度も覚えたフレーズがなぜ、いざと言う時に出てこないのか。なぜ、ナイスルッキングガイを見つけても喋りかけれないのか。


留学して気づきました。


そりゃ出てこないわ、と。

 


今日はセブ留学中の私が今やってるトレーニングを1つ紹介します!


Talk Talk Talk

f:id:mariina0919:20170510222213j:image
ある題材を元に先生と喋りまくります。

 

「週末何してたの?」→「勉強」

これじゃNGです。必ず文章にしなきゃいけません。それがきつい。

 いかに自分が今まで単語だけに頼ってきたかが分かります。

 

「週末何してたの?」
→「ずっと部屋で勉強をしていました」

「なんで外へ遊びに行かないの?」
→「英語の勉強が楽しいからです。できる限り勉強する予定です。あ、でもたまにウクレレ弾いてます。」

こんな感じで、必死になって自分の言いたいことを文章で伝えようとしてます

 

もちろん全然スムーズに話せません。

 

分からない単語は辞書で調べながら話します。

文法や時制が分からなくてもとりあえず喋ってみます。

言い間違えた単語や文法は先生が直してくれます。

そして、もう一度自分で正しく伝え直します


これをひたすらマンツーマンの授業で行います。

 f:id:mariina0919:20170510222245j:image

めっちゃ鍛えられます。てか先生が根気強くてとてもありがたいです。下ネタが盛り上がります。

 

知らなかった単語も、言い回しも、フレーズも、わざわざ覚えようとしなくてもだんだん使えるようになってきてました。

 

暗記からスタートしようとしてたのが間違いでした。実際に使わないと使えるようにならないですね。

「分かる」と「出来る」は全然違いました。


留学して2週間経ちましたが、今ではもう単語だけで答えちゃうなんてことは滅多にありません。ちゃんと文章にして答えるクセがつけられました。

 
簡単な英語ですら文章にして話す力がないのに海外旅行のためにフレーズだけ覚えて使おうなんて、到底無理なことでした。

ナイスルッキングガイを捕まえようなんて100年早かったです。

 

 

留学はあと9週間!まだまだこれからです! 

f:id:mariina0919:20170511222453j:image

( セブっぽい写真をたまには)

 

明日は金曜日!最近はやりたい勉強が増えすぎて、週末が嬉しいです。何歳になっても学ぶことは楽しいですね〜!

 

 

英語は暗記だと思ってたから嫌いでした

単語のテスト、構文のテスト、イディオムのテスト・・・

進学校に通ってしまった私は、中学とは全く違う覚える英語に嫌気がさし、好きだった英語から逃げました。

高校3年間、英語の通知表は1か2で、テストではよく1桁の点数を取り、留年を免れるために嫌な暗記をして、センターで点取るためにまた嫌な暗記をして、ますます英語嫌いになってました。


しかし!!!


なんと今!!!

 

英語の勉強がめっっっちゃ楽しいです!

英語がめっっっちゃ好きになりました!

この学校の宣伝とかでは全くなくて、リアルガチです!笑


なぜ楽しいか。


昨日のブログで伝えた通り、成長を実感しているからです〜♡

 

どんな勉強をしているのか、今日からいくつか紹介しようと思います\(^^)/


※中学英語まではきちんと勉強してきた人向けの内容です!

 


・自習用教材

f:id:mariina0919:20170509215840j:image
おそらく、この教材こそが、最初に私を英語好きに戻してくれました。

f:id:mariina0919:20170509220003j:image
日本語を瞬間的に英作する練習です。

やってみて衝撃を受けました。すぐに口から英文が出てこないんです。

これすら瞬間的に英文に出来ないなら、自分の言いたいことを英語で伝えられないのは当たり前ですよね。


でも何回か繰り返しているうちに、自然と口から英語が出てくるようになります。

 

それは暗記とは全く違います

英語をきちんと使えているんです。

 

どちらかというと、数学みたいです。根本さえ分かってれば問題が解けちゃうあの感じ。私は数学が好きです。なのでこの感覚が楽しくて仕方ありません。


覚えなくていいんだ。

私は英語が出来ないわけじゃない。習ってきたことが、ただ使えてなかっただけだ。


そう感じた時、希望の光が見えました。

 

私が思うに(おそらくこの本の著者も思ってるに違いない)この教材は暗記するためのものではありません!!

理解して英語を使えないと意味ないです。

f:id:mariina0919:20170509220626j:image

 

毎週この教材からチェックテストがあります。日本語を言ってもらいすぐ英文を言うテストです。


私が一つ決めていることは、テスト前は教材をもう見ないということです。暗記したくないからです。ただ瞬間英作をしたいんです。

 

この教材を使って自習しテストを受けることで自分の真の成長を感じることができます。

高得点だから嬉しい訳じゃないんです。すらっと言えるようになってる自分の成長が嬉しいんです。

それがモチベーションに繋がっている1つの要因です。

 

ちなみに英語が使えるようになるには、この教材だけでは足りないと私は思います!だから留学してます。

また私がセブ留学でやってる英語の勉強を紹介しようと思います^ ^
気長に待ってて下さーい!

 

 

最後に、英語嫌いのあなたへ

暗記だけしようとしてるから英語が嫌いになります。とにかく暗記させようとしてくる日本の教育が間違ってます。そんなの丸暗記だけしたって一生使えません。とりあえず、留学してみましょう。世界が変わります。

 

 ※中学校で習う英文法は理解した上で留学することが絶対おすすめです。逆に高校で習う英語って一体何の意味があったんだ・・・?

私がモチベーション高く留学出来ている理由


私が先生だった頃に一番力を入れていたのは、生徒のモチベーションのコントロールです。

f:id:mariina0919:20170508205114j:image
大前提としてモチベーションは下がっても良いと思います。下がった時に、または下がりそうな時にどう関わっていくかが大切です。 

 

その方法は一人一人違いました。

やらなきゃいけないことは分かってるけど体が動かない子、なにをやればいいか分かってない子、自信がなくて出来ない子・・・。


でも共通して私が与えていたことが一つあります。それは、成長実感です。


成長って、なかなか自分では分かりづらい

背の高さだって、髪の長さだって、胸の大きさだって、相手に言われて初めて気づくもんです。

 

見た目だけじゃなくて中身だって同じ。


コツコツ勉強出来るようになった、前習ったことが使えるようになった、質問によく来るようになった

 

結果じゃなくてプロセスの成長実感を与えてあげることで、自分自身に期待感を持てるようになってくれます。

f:id:mariina0919:20170508221335j:image

100点取ったって、点数は大きく褒めません 。

 

自分の内にある成長を実感してくれたら、「もう少し頑張ってみよう」って、みんなそう思ってくれます。

 

 

大人だって同じですよね。

勉強は時にしんどいです。けど成長を感じることでモチベーションをまた上げられます。

 

私がいるこの語学学校では、いくつもの成長実感を持てる機会があります。

そのほとんどは授業中にあります。

(テストも毎週あるけど、それはただの結果です。結果承認だけでは、モチベーションは変わりません。)

 

私がどんな授業を受けてどんな成長を実感してるか、また気分が乗った時に紹介します!必ず!笑

 

 f:id:mariina0919:20170508204919j:image
私がこの教育観を持てたのは前の職場のおかげです。また学びに行きたい・・・仕事が大好きでした〜生徒が恋しい〜

 f:id:mariina0919:20170508221819j:image

 

さて、今からチェックテストです\(^^)/

 

留学中も熱心に花嫁修業

日本の皆さん、GWもラストですねー!

日本にいたらおそらく今年のGWは毎日飲み明かしてたに違いありません。仕事辞めてから思い出はクラブしかないんです。おちゃめな25歳です。

 
さてそんな独身気分の抜けない私ですが、いつでも花嫁に行く準備は出来ています。


同棲も一人暮らしも経験してきたのである程度の家事は出来ます。(無駄にアピール)

f:id:mariina0919:20170507200952j:image

あとは料理の腕を上げたいです。

てことで留学中もご飯が出ない日は張り切ってます。

 

 f:id:mariina0919:20170507195901j:image

元コックさんの調理を見て学んでます。

 

f:id:mariina0919:20170507200115j:image

元コックさんの盛り付けを見て学んでます。

 

f:id:mariina0919:20170507200304j:image

美味しく頂いてます。

 

見て食べるだけでも花嫁修業になってますよね?

 

学びの毎日です〜!

 

また今週も楽しみましょう\(^^)/

フィリピン留学中に週末ボランティアをしよう

留学中、英語の勉強と同じくらいやりたいことが一つあります!

それは題名にもある通りボランティアです。


私は長年、貧困層への単発ボランティアが嫌いでした。嫌いというと語弊があるかもですが、今もなお良いイメージはありません。ボランティアをすることは好きではありません。

 

 

19歳の時、カンボジアで初めてボランティアをしました。

f:id:mariina0919:20170506211302j:image

貧しい村へ行って井戸の元となる池作りをしました。

f:id:mariina0919:20170506211325j:image

そこで衝撃だったことは、村の人たちが自立への努力をしてない(ように見えた)ということです。

日本人が頑張るのをただ座って見てるだけ。

私にはまるで村の人たちは、「頼んでもないのにやってくれてラッキ〜」としか思ってないように感じました。

 


こんなんじゃいつまでたってもこの村は自立しない。

もはや村の人たちは幸せそうだし自立したいって思ってないかもしれない。

ボランティアってただの日本人のエゴだ。

 


そう感じてしまった私は、6年間、ボランティアは避けてきました。

 

じゃあなぜ今になって再びボランティアに参加するかというと、

自分の夢である「途上国の教育支援」に向け、ボランティア活動の必要性をきちんと学びたいと思ったからです。

ボランティアが嫌いというのはまだまだ視野が狭い証拠だと感じてます。

 

NGONPOがボランティアを(お金をもらって)受け入れてる理由はそれぞれあると思います。

 

(※NGONPOの仕事はボランティア活動とは違います。ボランティアを受け入れる側です。非営利だけどお金は動いてるし有給のところもあります)


今、途上国の貧しい人々には、何が足りなくて、どんな支援がされてて、これから何が必要なのか。


ボランティアを通して、各団体の信念やビジョンを聞いて、学びたいって思ってます。

(ちなみに私はビジネスでも貧困を解決する可能性はあると思ってるので夢は非営利に固執してる訳ではありません。)

 


てことで本日さっそく5食分のお金を出して、お墓で暮らす子供たちへの炊き出しボランティアに参加してきました。

f:id:mariina0919:20170506211630j:image
高いことに苦言をしたいのでは全くなく、それだけ出してまで行く価値が私にはあるということです。

 

貧困層への単発ボランティアは、人助けのために行くとしたら、私はあまり賛成しません。何かを学びに行くには良い経験になります!

 f:id:mariina0919:20170506215054j:image

多くの学びと気づきとひらめきがありました。

長くなってしまうので、また次回ぐらいのブログで紹介しますね〜^ ^

 

 

内容が固くてごめんなさい!

日本の皆さんはGWラスト楽しんで下さい〜!