海外放浪女子の旅Blog

海外放浪女子の旅Blog

~途上国の教育と雇用に革命を~ 25歳女一人、仕事を辞めて国際協力の現場へ向かいます。

パナイ島のジプニーがパナイ事件

再びフィリピンに来ています!

今回はパナイ島というパネエ島に滞在します。

 

さっそく(しょうもない)パネエ話を一つ。

 

これが慣れ親しんできたセブ島のジプニー

 f:id:mariina0919:20170821190712j:image

今いるパナイ島のジプニーがこちら

 f:id:mariina0919:20170821191014j:image

 
これがセブ島

 f:id:mariina0919:20170821191039j:image

これがパナイ島

 f:id:mariina0919:20170821191053j:image

 

セブ

 f:id:mariina0919:20170821191113j:image

パナイ

 f:id:mariina0919:20170821191124j:image

長さハンパない・・・

 

 

明日からパナイ島でのホームステイが始まります!パナイを見つけて更新するのでまた見て下さい♡

あと1つ持ち物を追加できるなら何を足すか

明日成田空港に向けて名古屋を出発するので、最後に大好きな銭湯へ。

f:id:mariina0919:20170818001940j:image

 海外生活で一番恋しくなったのは銭湯でした。しばらくのお別れ。

 

 f:id:mariina0919:20170818002241j:image

次に恋しくなったのはお刺身。これまたしばらくのお別れ。(貯金くずしのニートのくせに贅沢)

 

いよいよ出発ですが、ここにきて大事件発生。

昨日、小さいスーツケースにウクレレを収納できた話をしました。

tojyoukoku-tabi.hatenablog.com

 しかしこのウクレレのせいで、微妙な隙間ができてしまいました。

f:id:mariina0919:20170818001545j:image

左の右上。何かで埋めたい。


ワンピースでも1着持って行こうか?いや、運動靴があった方がいい?それとも、オシャレなサンダル?海行くかもだし、シュノーケルとマスク?ああ、ドライヤーか?いや、水筒か?やっぱ、あのダサい楽器たちを持って行くか?それとも、ハロウィンあるし、コスプレグッズ??


出発前日にしてパニックに陥ったので、一回冷静に留学3ヶ月間を振り返ってみました。

日本から持ってこれば良かったと後悔したものが、昨日の記事で紹介したもの以外にまだあるはず・・・

と、考えること30秒、見つけました。

 

日本から3ヶ月分持って行ったにも関わらず、たった3週間で全て消費してしまったアレ。

スーパーやコンビニなど探しまくったけど同じような素敵な商品は見つからず、日本から郵送して欲しかったアレ。

私の日常生活には欠かせないアレ。


予想してくれる(暇な)方は、読み進める前に過去のブログを読んで、何かあててみて下さい。

tojyoukoku-tabi.hatenablog.com

 

 

 


答え

 

 

f:id:mariina0919:20170818001747j:image

 

f:id:mariina0919:20170818001804j:image 


今度は計画的に消費していこうと思います。
その実況はブログにてするのでまた来て下さい♡笑

 

(スマホでも過去記事を貼り付けることができることを初めて知りテンション上がりました。)

3ヶ月のフィリピン留学を経て分かった本当に必要な持ち物

昨日の記事で、ウクレレは持ち運びが少々やっかいということで、新たな旅のお供たちを紹介しました。

tojyoukoku-tabi.hatenablog.com

 
でも今日荷造りしてみると、

f:id:mariina0919:20170816202650j:image

長期で行くにも関わらず、スカスカすぎてウクレレが丸ごと小さなスーツケースに入ってしまいました。
とゆうことで、やっぱりダサい楽器たちを持って行かず、ウクレレを連れていきます。(島に置いていった子とは別の子です。)

昨日の記事で、ダサい楽器をオシャレに奏でるから読者登録して下さい♡ みたいなことを書いて本当にしてくれた最高な方がいたにも関わらずごめんなさい。けど、読者のままでいてくれたら嬉しいです。新しい読者も募集してます。Facebookのフォローも歓迎です。https://www.facebook.com/marina.fujita.7/

 

なぜこんなに荷物が少ないのか私にも分かりません。ただ、フィリピンで買えないものはほとんどないということが分かったので、服や洗面グッズ、生理用品など、かさばるものは現地調達します。安いし。
(女の子へ。生理用品は日本製とそんなに変わらないしどこでも買えるから持って行かなくても大丈夫ですよ。)

f:id:mariina0919:20170816202953j:image 

 

逆に、これ持っていけばよかった〜って物もあります。だから今回は持っていきます。

f:id:mariina0919:20170816203137j:image

・腕時計
常に携帯を持ち歩かなきゃいけないのは何かとやっかいだし、いちいち携帯を確認するのも手間です。絶対必要。

・大きめの消しゴム
勉強熱心だったため小さい消しゴムはすぐ使いきってしまい現地で購入しましたが、フィリピンの消しゴムは使い物になりません。消えない。

・ソーイングセット
実は2回も友達に借りました。現地の古着屋さんの服はもろいし、洗濯機・乾燥機も強力な気がします。

・バスタオル
私が現地で買ったものは、とにかく質が低すぎました。色落ちが半端ないので他の洗濯物と一緒に洗えません。体や髪を拭くと全身糸だらけになります。そのくせ日本より高い。かさばっても圧縮して持って行くべき。

・一味
フィリピンの料理は可もなく不可もなく普通に美味しいけど、味付けがほとんど同じです。そして一味が合う料理がたくさんあります。日本ではあまり使わないけど、絶対に持って行こうと決めていました。

・雨具
フィリピンでは4・5月だけ乾季、それ以外は雨季でほぼ毎日一時的に土砂降りにあいます。留学なら必要ないかもしれませんが、今回は外での活動がメインになるので、折り畳み傘とレインコートを足しました。


こんなに足したのに、荷物がなぜか少ないです。本当に必要なものって案外少ないのかもしれない、人生においても。

 

・・・またいつか、以前書いた持ち物リストを完全保存版として更新しようと思うので読者登録しておいて下さい♡

(またいつか、が口癖です。)

海外生活に欠かせない私のお供

私は無音が好きです。

1人でいる時は、家の中も車の中も、まるでトイレの中にいるかのような無音の心地よさに包まれています。

でも、もっと好きなのは、その無音の中で楽器を演奏することです。

3ヶ月の留学生活中、ウクレレは気分転換できる大切な相方でした。
ただウクレレは持ち運びが少々やっかい。

(なのでフィリピンのカオハガン島に置いてきました。島に行く機会がある人はぜひ私のウクレレ使って下さいね。)

ということで、今週末から始まる次の海外生活のお供はこの3名に決めました。

f:id:mariina0919:20170815220722j:image

吹く系3種。音色がみんな違ってみんな良い。


けど・・・

f:id:mariina0919:20170815220618j:image
なんか、ダサい。

 

f:id:mariina0919:20170815220622j:image
かっこつけても、ダサい。

 

f:id:mariina0919:20170815220625j:image
どうしたって、ダサい。

(しかもサングラスに脱ぎ捨てた赤いTシャツが写っててもっとダサい。)


フィリピン滞在中にオシャレに奏でる方法を身につけてみせるので、ぜひ読者登録しておいて下さい♡

セブ島マンツーマン留学の1日のスケジュール

「セブ留学って遊びに行くようなものでしょ?」

確かにそう思われても仕方がない。だって、留学している人のSNSって超楽しそう。けど実際は、(ほとんど)みんなめっーーーーちゃ努力をしているのです

私が通っていた最高の学校は「旅人のための英語学校|フィリピン留学のCROSS×ROAD」という名の通り、コンセプトからして自由な雰囲気が流れていますが、メリハリのある熱心な人ばかりでした。

そんな中でも特に勉強熱心だったの平日スケジュールを披露。(自分で言うあたりがリアル感を醸し出しますね)

 

7:00 起床・朝ごはん

大音量でニワトリが起こしてくれます。朝は苦手だけどおいしいマンゴーがあったから起きられました。

f:id:mariina0919:20170801224650j:image

 
8:00 自習(2時間)

ベッドにもぐりこまないように外でお勉強。誰もいないプールサイド前でひたすら英語を喋ります。

f:id:mariina0919:20170801225150j:image

・瞬間英作(日本語を聞いてすぐ英語を作り口に出す練習)

・スピーチ(自分の作った原稿を正しく発音する練習とその暗唱)

このどちらかを毎日2時間ずつ3カ月繰り返しました。

 
10:00 授業(2時間)

・カランメソッド(英語で聞かれる質問に対して反射的に英語で答える練習)

f:id:mariina0919:20170801224719j:image

とにかくずっと喋り続けます。頭も顎も休める暇はありません。私はこの授業に効果を感じ、最後の1か月は4時間に増やしました。マンツーマンでしかできない授業です。

 
12:00 昼ごはん・休憩

朝は食堂に来る時間がみんなバラバラのため、この時間に初めて全員集合します。お喋りと食事を楽しんで気分転換。

f:id:mariina0919:20170801224746j:image

13:00 授業(2時間)

・アメリカンアクセント(発音の仕方・ルールを習得)

f:id:mariina0919:20170801224804j:image

発音の先生たちに訛は一切なく、真面目で賢くて厳しいけど楽しい先生ばかりなので、フィリピンでも安心して正しい発音が身に付けられます。午後一番の授業なのにあくび一つ出る隙はありません。

15:00 授業(2時間)

トークトークトーク(とにかく先生と英会話をする練習)

f:id:mariina0919:20170801224815j:image

先生は優しくて美人でセクシーなだけではありません。英語で雑談をしながらも、文法や単語、ニュアンスが違っていたら、細かいところまですぐ指摘をしてくれます。

17:00 自習(1時間)

・日記(3行英作文)

・授業で出てきた知らない単語のまとめ(まとめるだけで覚える努力はしてない笑)

f:id:mariina0919:20170801224827j:image

一人だったら授業後確実に寝ていたけど、相部屋だったので、毎日勉強熱心なルームメイトから刺激をもらえていました。誰かが覗いたらびっくりするほど私語がない図書室のような部屋で、お気に入りの空間。

18:00 シャワー・休憩

水のシャワーで眠気が飛びます。お湯が出るころには浴び終えています。

19:00 夜ごはん・休憩

f:id:mariina0919:20170801224855j:image

この学校の自慢の一つ!ごはんが超おいしい!そして毎回いろんな人と「留学はいつまで~?留学後は何するの~?どこ行くの~?てか出身どこ~?」とお決まりの会話をするのも楽しみの時間。

20:30 自習(30分~2時間)

・宿題、復習、予習

あまり宿題を出す先生ではなかったので、自分で習ったことを復習、次やるところを予習するように心がけていました。終わり次第、寝ます。早く寝たいから頑張ります。21時に寝るときも。

22:30 休憩・睡眠

f:id:mariina0919:20170801224926j:image

私の相部屋は、寝室と勉強する部屋が別になっていたので、こんな早寝でも電気を消して熟睡することができました。ラッキー。

 

以上が私の1日のスケジュールです。平日は授業時間、自習平均時間、計10時間勉強していました。

ちなみに土日は、出かけて英語を使うより机の上でやりたいことがたくさんあったので、引きこもって自習10時間を繰り返していました。日本じゃ絶対できなかった。

 

私は、せっかく留学するならとことん勉強したいという気持ちでいたので、(てゆかフィリピン何回も来てるしこれからも行くし)、むしろこの10時間という勉強時間が確保できないことがストレスでした。

平日の飲みも、休日の遊びも、すべて断ってきたとてもノリの悪い生徒でしたが、私の留学生活に悔いはありません。

 

もちろん留学に求めることは人それぞれなので、いろんな過ごし方があって良いと思います。

せっかくセブ留学するなら「遊びも満喫したい」という人はもちろん、「勉強だけしたい」という人だって、自分の意思次第で最高の留学生活になること間違いないです。

学生でも、社会人でも、主婦でも、孫がいても。たった1週間でも。

 

セブ留学、遊びだけじゃないんです。全力でおススメしますよー

 

各授業の詳しい内容や自習内容は別の記事で♡

3ヶ月の留学のあとは国際協力の道へ

ちゃっかり一時帰国中です。

 空港に着き、最初に飲んだものはウーロン茶、f:id:mariina0919:20170730223430j:image 

真っ先に食べたものはU.F.O.です。 f:id:mariina0919:20170730223512j:image

 

日本の夏を満喫する予定で留学中に筋トレも頑張っていたけれど、いざ帰国するとなぜか遊ぶ気にならず、今のところ次の渡航準備と勉強くらいしかしていません。
おかげでお腹のお肉は復活しました。


3カ月の留学後は、ボランティアをしながら世界を回る予定でした。
が、私、フィリピンが相当気に入ってしまいました。大して他の国を知っている訳ではないから比較はできないけど、違う国に行きたい願望が出てきません。
落ち着きたい年頃なのかもしれません、いろんな意味で。


フィリピンの貧困問題は本当に深刻で複雑。
セブ島留学が流行り、たくさんの観光客がいるからこそ、この問題を解決していく手段はたくさんあると思うのです。私はそのヒントを見つけて少しでも貢献していきたい。もはや私はそのために生まれてきたんじゃないかと思うくらい昔から課題意識を持っています。


ということで来月から再びフィリピンへ向かいます。
あるNGOのスタッフとして現場で国際協力に携わらせてもらい、成果(貢献)を残し、自分の経験値をぐんとあげてきます。その先のことはまだ分かりません。けど、全てのことが未来に繋がっていくと信じています。

 

共に仕事をするメンバーの大半はフィリピン人。英語にはまだまだ自信ないけど、同じ志を持っていればどうにかやり抜けると信じています。英語を上手く使えないことを理由に諦めたくないし、投げ出したくない。
だからこそ日本にいる今、できる限りの努力をして少しでも英語を上達させておこうと思います。のんきに婚活なんてしてる場合じゃありませんでした。

 

後悔しない選択なんて、正直悩んだって分かりません。だったら、後悔しないように慎重に生きることより、どんな経験をも糧に変えられるように直感を信じて今を楽しむ方が私は好き。

 

もうすぐ26歳、独身女。3ヶ月フィリピンで過ごしたら、フィリピンに住むのも悪くないと思えてきてしまいました。未来は自分でも分かりません。これからも、今の自分の気持ちに従うのみです。


留学中に書きたかったブログがたくさん溜まっているので、これから日にちを遡って更新しく予定です!また見にきて下さ~い^ ^

スーツケースとウクレレを担いでバイクタクシー

またまたお久しぶりです。

今週語学学校を卒業し、1週間だけふらり旅をしてから密かに一時帰国します。

学校での記事はまだまだ書きたいことがたくさんあるので、後日更新していきます。


急にブログを書きたくなる理由はいつも同じ、誰かに話したくなるようなハプニングがあった時です。

 


タクシーで留学先からマクタン島にあるゲストハウスに向かう途中、タクシーのおっちゃんに、

ここから先は渋滞してるからあのスーパーで降りて違うタクシーに乗ってね
「もし目的地まで行きたいなら400ペソね」

と言われ、しばし話し合ったけどおっちゃんの意思はブレず。

 

次のタクシーが拾いづらい場所で降ろされたので、仕方なくタクシーが通る道まで歩きました。雨にうたれながら泥道を、スーツケースとウクレレとリュックと共に30分。

 

大通りに辿りつくも、空車のタクシーが見当たらない。ジプニーならたくさん、けどスーツケースとウクレレはみんなの邪魔になるので車内に持ち込めない。

f:id:mariina0919:20170716192438j:image

(これがジプニー。乗り合いバス。この日の写真ではありません)

 

雨の中、1人ポツンとタクシーを待つこと30分。夜になる。もう心が折れかける。ヒッチハイクでもここまで苦労したことがない・・・

 


そうか、ヒッチハイクすればいいのか。


閃いた私はもうタクシーとか関係なくとりあえず腕を伸ばして待つ。


そして止まってくれたのは、そう、バイク


「いやいや、スーツケースもウクレレもあるし無理でしょ」

「いやいや、行けるぜ、ほらよ」

f:id:mariina0919:20170716192849j:image


ということで、バイクのおっちゃんに救われ、ゲストハウスの近くのスーパーまで乗せてもらいました。もう神様に見えて、後ろから抱きつきたくなりました。でもタイプの人じゃなかったからやめました。

f:id:mariina0919:20170716192829j:image


そもそも荷物で両手がふさがっていたから、抱きつくどころかつかまることもできませんでした。決死の覚悟で写真撮影。

 


留学先からゲストハウスまで、タクシーで30分ちょいで行ける距離なのに、2時間。

今となっては良い思い出。

 


それにしてもセブのタクシーは嫌いです。
セブを観光するなら移動手段はトライシクルかジプニーをオススメします。ローカル感も味わえるし安いし何より安心感があります。

 

移動手段についての記事も、今泊まっているマクタンのゲストハウスの記事も、今日行ったダイビングの記事もまた書く予定なので、また見にきて下さい^ ^

 

次の更新は日本でします!早く銭湯行きたい!

セブで謎の高熱、まさかデング熱!?

昨日1ヶ月ぶりにブログを書いたので、勢い余って嘘をついてしまいました。

 

「元気です」
→いや、本当は元気じゃなかったんです。


こっちに来てから何回か夏風邪をひいています。そう、常に夏だから。

日本から持ってきた新品の風邪薬がすでに底をつきそうです。

f:id:mariina0919:20170705210534j:image


最近、島に泊まりに行ってから数日後。また風邪かな・・・そう思い、風邪薬を飲み12時間寝るも、さらにだるくなる。

熱を測ってみると、

 

f:id:mariina0919:20170705210628j:image

 

日本から持って来ていた解熱剤を飲み、授業以外は寝て過ごしたのに、2日間高熱が下がらないまま。


てことで、人生で初めて海外旅行保険のお世話になり(クレジットカード付帯の)、お医者さんに診てもらうことに。

f:id:mariina0919:20170705211204j:image
「この薬を4時間おきに飲んで、明日もまだ高熱があったらデング熱かもしれないから電話して」


まじか。私蚊に刺されてないのに。
それにしても、この錠剤でかすぎない?こんなもん?

 f:id:mariina0919:20170705210745j:image

飲み込めない、飲みたくない・・・。

 

とりあえず薬を無視して、授業に行く。

 

授業終わる。

 

f:id:mariina0919:20170705210824j:image

 

下がった!てか下がりすぎ!笑


病は気から、ですね。
薬飲みたくない気持ちがデング熱に勝ちました。(てことにしときます。)

 


そんな感じで元気ではなかった最近でした。

元気になってよかったです。

(次回こそは中身のあるブログを書くので、嫌いにならないで下さい。)

フィリピンに来て一番驚いたこと

超お久しぶりです。元気です。

 

なんとブログを書かない間に月日は流れ、留学生活は残すところ1週間と半分になりました。

 

英語の学習は順調に進んでいて、もうすでに何の悔いもありません。明日帰っても良いです。

 

もちろん、私の英語のスキルはまだ超低いし、私が求める英語力に対してまだ5%くらいしか満足していないです。

けど、私の留学の目的は、英語の勉強に対するモチベーションを上げること。もう十分に上がり、今では英語が大好きになりました。

あとは自分次第でいくらでも英語力は高められます。日常生活にチャンスはゴロゴロとあることに気づけました。

 

留学してよかった。まだ終わってないけど。

 

残りの期間、セブを満喫してきます。と思ったけど、全く遊ぶ気にならないので、やっぱり勉強を満喫しようと思います。

 

 

さて、なぜ急にブログを書きたくなったかと言うと、とても驚いたことがあったからです。


これ見て!

 f:id:mariina0919:20170704195140j:image

伝わる?

f:id:mariina0919:20170704195213j:image
どう?

f:id:mariina0919:20170704195241j:image
これでどうだ!

 f:id:mariina0919:20170704195433j:image


留学生活あと僅かだけど、歯ブラシをどうしても変えたかったから、こっちで購入しようとしたら、

 

めっちゃ歯ブラシの先が大きい!

 

 

歯ブラシは日本から持ってくることを全力で推奨します。(ちなみに子供用の歯ブラシを購入して、無事歯を磨けてます。)

 

 

・・・次回はちゃんと内容のあるブログ書くので、また見てください♡

フィリピン人と結婚してこっちで暮らすのはありかなしか

お久しぶりです!
実はこちらフィリピンでは3連休の最終日。

 

最近はもっぱら考え事と調べ事と英語の勉強ばかりしていました。
もうしばらく、ブログを後回しにするかもです。

 f:id:mariina0919:20170612131754j:image

先日2回目のスラム街、ストリートチルドレン、山村集落を訪問してきました。

 f:id:mariina0919:20170612131841j:image

人々は何を求めているのか。
私に何が出来るのか。
何から手をつけるべきなのか。

 f:id:mariina0919:20170612131720j:image

大学時代にせっかく開発援助(途上国の支援)について学んでいたのだから、もっともっと海外に出て学んでこればよかった。大学院まで通って知識を深めればよかった。

と、一時は思いましたが、何をするにも、遅すぎるなんてことはないんですよね。

 

f:id:mariina0919:20170612131932j:image


観光客の多い、ここセブで、出来ることを見つけたい。

動きながら、調べながら、考えを巡らせようと思います。

 

 

・早く家庭を持ちたい

・セブで活動したい

 

この両方の想いを叶えるために、フィリピン人と結婚するのはありかなとも考えました。

f:id:mariina0919:20170612132323j:image

やっぱりなしです。日本人がいい。

 


今日再び、山村集落を訪問してきます。
個人で行くのは初めてなので、若干不安ですが、ちゃんと行けてちゃんと帰ってこれますように。

留学引きこもり生活に新たな3つの刺激を

今日も良いお天気のセブです。
こっちに来てまだ一度も日焼け止めを塗っていませんが、そんなに黒くなっていません。

f:id:mariina0919:20170604140320j:image

ですよね?


さて最近は、留学引きこもり生活に慣れてしまい、物足りなくなってきたので、新たな習慣を3つ増やしました〜!(引きこもりはそのまま継続です)


・筋トレ

帰国したら日本は夏。たった2週間の滞在だけど、日本の夏を満喫したい!
車売ったり保険の手続きしたりパソコン修理したり買い出したりやることたくさんだけど、日本の夏を満喫したい!

(フィリピンは常に夏ですが、こっちではどうも美意識を持てません)

ということで、日本のたった2週間の夏に向けて、体を引き締めることにしました〜!

筋トレの知識がなく、なんとなくスクワットを頑張った初日、求めてない箇所が凄まじい筋肉痛になり困惑しました。

なのでちゃんと動画で勉強し、おそらく正しいであろう筋トレに励んでます。(ウエストとヒップ)

筋肉痛が嬉しいです。もはや筋肉痛にならないと不安になります。

あと6週間で理想のボディーを手に入れたい!筋肉の発達が早いか、英語の上達が早いか、勝負です〜!

 

・洋楽

普段は真面目に、週末はクラブで楽しむメリハリある生活を日本でしていました。

といっても好きな曲はたくさんあるけど、歌手も曲名も歌詞もよく分かってない、洋楽かぶれです。
歌詞が分かったら、軽く歌えたら最高だと(やっと)気づき、毎日歌詞を見ながら聴いて口ずさむようにしました!

発音の練習にもなるし、苦手な単語も覚えられるし、(クラブも更に楽しめちゃうし、)英語を上達させる素敵な趣味になりそうです〜♡


Instagram

セブのリゾートな部分だけではなくて、貧しい生活の実態を知って欲しいと思い、コツコツと写真を載せようと思ってます。
ぜひどなたでもフォロー、もしくは覗き見して下さい^ ^

ちなみに私は誰のもフォローしてないですが・・・そんな身勝手な私の写真で良ければ、ぜひ見てください♡

id: mariina0919     http://instagram.com/mariina0919

※やっぱ退会しました笑(2017/7/30)

 

以上3つが新しい習慣です〜!

 

私は、人に宣言することが一番怠けず楽しめる方法だと思ってます。やりたいって思うこと、叶えたいって思うことは、今までガンガン人に伝えてきました。


人に伝える時にきっと誰しも思うことが、

「出来なかったらみっともない」
「口だけって思われたら嫌だ」

ということだと思います。けど私はそんな心配いらないと思うのです。


新しく何かを始める時に必要なのは、初めの一歩を踏み出す勇気挑戦を楽しむ気持ちだけだと思ってます。応援してくれる人がいるって分かるだけで、両方の気持ちを持てます。

 

出来なくても良い。諦めても良い。道を変えても良い。

そんな時に非難してくる人とは今後も良い関係を築けるはずありません。スルーです。

そもそも実際は、批判的な人は少なくて、応援してくれる人の方が多いのです。想像以上に世の中はあたたかいです。心配いりません。


だから私はこれからも、本気でやりたいって思うこと、叶えたいって思うことを躊躇せずブログで書いていこうと思ってます。


このことがブログを始めた大きな理由でもあります^ ^

 

一緒に挑戦を楽しみましょう〜♡

ギネスに登録されている「世界一大きな授業」を留学先で紹介

今日で留学生活も残りちょうど半分になりました。

留学している中で想い出はポツポツと増えていき、出逢えた人との別れが毎週毎週寂しいです。

f:id:mariina0919:20170602182652j:image

友情をあまり表現しないけど、私に関わってくれる全ての人が心の底から大好きです。


(ちなみに愛情は常に大きく表現するので、安心して私の彼氏になって下さい。笑)

 


私の語学学校では本当に様々なタイプの日本人に出逢えます。それがこの学校を選んだ理由の1つです。

中学卒業したばかりの子もいれば、60歳を超えお孫さんのいる方もいる。他にも主婦の方や一家大黒柱の方、浪人生休学中の学生、そして何より多いのが、

仕事を辞めて来たアラサーニートたち。

しかもそのまま世界をふらつく人ばかり。

 

日本大丈夫かと心配になるくらいです。

そういう自分もアラサーニートです。

 


「今しか出来ない」って言葉は良い原動力になります。

一方で、ここへ来て、そんなことないとも感じました。

何歳になっても、自分を生きていれば、いつでも何でも出来る。


動きたくなる時期が来たら動けば良い。
立ち止まりたくなったら止まれば良い。
言い訳して逃げたい時は逃げれば良い。


何歳になっても、自分の心の声を大切にできる人間でいたいです。


いろんな価値観に触れられて、たくさんの刺激をもらえるこの環境に感謝の毎日です〜!

 

http://crossxroad.com/「旅人たちの英会話スクール CROSS×ROAD」

 

さて今日は週末、金曜日!

ということでスピーチクラスに参加し、今回は「世界一大きな授業」について紹介しました〜!

f:id:mariina0919:20170602183915j:image

この授業は同じ時期に世界中で同じ内容につあて考える世界規模のイベントで、ギネスブックにも登録されています。

http://www.jnne.org/gce/「世界一大きな授業2017」

 

テーマは「世界中の子どもに教育を」!

 

世界の教育の現状についてクラスのみんなで考え、意見を出し、政府に届けます。

 

私は去年実際にこの授業を実施しました。

f:id:mariina0919:20170602182810j:image

 途上国について知れるだけではなくて、

勉強することの大切さや、行動することの大切さを感じられる素敵な内容の授業です。

 

このブログを読んで下さってる方で先生がいれば、ぜひ実施してみてください!

 

私に頼んでくれたら、いつでもどこでも喜んで授業しに行きますよー♡笑

 

 f:id:mariina0919:20170602190615j:image

 

TGIF!
週末も自分らしく過ごしましょう〜!

セブ留学中にスラム街、ストリートチルドレン、山村集落を訪問

留学中2度目のボランティア(というより視察)です。

f:id:mariina0919:20170528001436j:image
今回はグローリアセブというNGO団体の活動に参加させてもらい、

・スラム街 ロレガ
ストリートチルドレン
・山村集落

を訪問しました〜!
(このブログでは山村集落について紹介します。)


セブはリゾートというイメージが強いかもしれませんが、それは私たち外国人だけのものです。

セブに住むほとんどの人は貧しい生活をしています。

 

その日の食事、明日の食事で精一杯で、家賃を払えず、不法居住する家族がたくさんいます。(前回紹介したお墓に住む人々もその一部です。)

 f:id:mariina0919:20170528000752j:image

ただ、不法住居が許されている訳ではありません。

今フィリピン政府は、2020年までにスラムをなくそうというスローガンを掲げて動いているそうです。

しかしそれは、表面上だけの政策なのです。

 

スラムに住む人々は、山奥への移住命令が出されます

 

ただ、山村では仕事がないため、また街中へ出て物売りし、路上で寝て、週に1回ほど山村の実家へ戻る生活をしている人も多いようです。

 f:id:mariina0919:20170528000950j:image

この政策が良いのか悪いのか私には分かりません。

 

山村集落では、とても居心地の良い、あったかい雰囲気が漂っていたからです。

f:id:mariina0919:20170528000932j:image
子供たちは人懐っこくて、家族はみんな仲良くて、喋って遊んでぼーっとして時間が過ぎていく。

 f:id:mariina0919:20170528001035j:image

ここに住む人々が、稼ぎのためにわざわざ街の路上に出て寝なくても済むように、
ここに住む子供達が、路上ではなく毎日学校に通えるように、

良いアイデアを見つけたいな〜って、またまた新たな夢が出てきちゃいました。

 

f:id:mariina0919:20170528001825j:image
実はこの山村集落、私の留学先からめっちゃ近かったのです!
だからこれからちょくちょく遊びに行こうと思います^ ^

 

 

今回の視察では本当に多くのことを学び、感じました。スラム街のことやストリートチルドレンのこと、雇用と教育の問題について、またいつかのブログで書きますね〜!いつか!笑

 

留学したら日本の英語教育を変えたくなりました

f:id:mariina0919:20170526194405j:image

セブ留学中です。

 

留学して、本気で、思いました。

日本の英語教育はどうかしてる。

 

マウンテン?チケット?レター?
舌の位置、口の形、何も教わってこなかった。


真面目に生きて来た私は、完璧に日本人英語をマスターしています。どうしてくれるんだ。どうにかせねば。


ということで、ここセブで、毎日2時間、発音のレッスンをみっちり受けています!

f:id:mariina0919:20170526194439j:image
最初は、発音の難しさにうんざりしました。

でも!

発音にも規則的なルールがあることを知り、スピーキングが一気に楽しくなりました。同時にリスニングも楽しくなりました。いつのまにか。

(ちなみに私は英語が嫌いで苦手で勉強したくなかったけど、夢のために仕方なしに留学したんです。そんな私が言ってるんです。間違いない。)

f:id:mariina0919:20170526194457j:image
正しく英語を学べば、誰だって習得できる。
そう、私だって、絶対出来る!

(私が挫けそうになると、先生がいつもそう言って励ましてくれます。大好きです。先生との写真撮り忘れたのでまた今度。)


日本と同じく、英語を第2言語としているフィリピン。

なのに英語を教えてくれるフィリピン人。

この差は何だ!?


フィリピンでの英語教育を先生達から聴き、1つ思いました。

日本も、小学校で正しい発音を身につけさせるべき!

九九と同じくらい、漢字と同じくらい、反復練習すれば、日本人だって簡単に習得できると思います。

中学校では文法だけじゃなく、スピーキングの授業も行うべきだと思います!


だって、
正しい発音を恥ずかしがるのはおかしいし、
間違った発音が指摘されないのもおかしい。

 f:id:mariina0919:20170526194524j:image


なんか、無性に日本の英語教育に関わりたくなってきました!

新たな夢だ〜♡


せっかくフィリピンにいるから、フィリピンの英語教育の現場を見に行こうと思います。

どこで見学させてもらえるかな?探してみます。

(留学後もフィリピンに滞在することにしたので。笑)

 

そして日本に持ち込んで、偉い人を説得して、義務教育の英語のカリキュラムを変える!

スケールでか!

 

いや、でも本気です。いつでも本気。たまーーーーにしかふざけません。いつもふざけてるフィリピン人とは合わない気がしてきました。笑

 

夢って何をしたいか、だけじゃなくて、どんな自分でいたいか、も大事だと思うんですよね。


私は、誰かのためになれたと思えた時に、自分の存在価値を確かめられ、幸せを感じます。

 

どんな人のために生きたいか、

それだけが夢に繋がっていきます。

 

だから、
途上国の教育支援に携わっていきたいし、
日本の英語教育にも新たに関わりたくなったし、

 

そして何よりも・・・

 


愛する人と一緒に幸せな家庭を作りたいんです♡

もはやこの他に何もいらないくらい!

as soon as possible ♡

 

 

・・・おとなしく時期を待ちます。笑

フィリピン 墓地に住む子供たちへ炊き出しボランティア

先日、セブの共同墓地で暮らしている人々を訪れました。

f:id:mariina0919:20170520230540j:image

 

今回お世話になった団体は現地の小さいNGO。スタッフはフィリピン2人と日本人女性1人。スタッフの方々に終始質問責めをしてきました。

 

日本人女性は私とそんなに年齢が変わらない方でした。大学卒業後、お墓でのボランティアを通してこのNGOに興味を持ち、社長に直々にスタッフになりたいとお願いしに行ったらしいです。ただ、給与は出ないため、セブで働きながら活動に参加しているとのこと。あっぱれ。

 

f:id:mariina0919:20170520225453j:image
この墓地には150以上の家族が住んでいます。

このように違法でお墓に住む人はセブだけではなくフィリピン全体にたくさんいるらしく、社会問題となっています。


なぜ違法と知りつつお墓に住み続けてると思いますか?

 


今回訪れた場所は、100年ほど前に裕福な中国人が作った共同墓地です。今は誰のものでもありません。そのため、50年ほど前から貧しいフィリピン人が勝手に住み始めました。

家を建てなくてもいいし、家賃もかからないし、彼らにとってベターな環境です。
政府は取り締まりつつも、僅かながら金銭的支援をしてくれているとのこと。

 f:id:mariina0919:20170520225923j:image

私たちはこのお墓で、子供たちへの炊き出しボランティアをしました。

かといって彼らは他に食べるものがないわけではありません。この後に家族でちゃんとご飯を食べられます。(僅かだと思いますが・・・)

f:id:mariina0919:20170520230036j:image
なぜこのNGOの活動の1つに炊き出しボランティアがあるかというと、
「お腹いっぱい食べれることの幸せを感じてもらい、貧困から抜け出したいという気持ちにさせるため」
とのことです。同感。

 f:id:mariina0919:20170520230015j:image


お墓に住む1つの家庭に事情を伺うことができました。

・結婚したが住む家がないためここに来た
・25年間いる
・夫は1日150ペソ(330円くらい)稼いでくる
・子供は4人

セブでは日給平均250ペソくらいと先生から聞いたので、かなり少ないです。ちなみに私が見た限り現地の安い屋台でも1人1食80ペソかかります。

また、どの家庭も大家族です。そのため兄弟の中で学校に通えない子もいます。公立学校は無料です。

なのになぜ通えないと思いますか?

 大きな理由は2つです。

・筆記用具や制服が買えない
・家族のために路上で働かなきゃいけない

 

貧困が子供の夢を奪ってしまいます。

私は「貧しい=不幸」だとは思いません。ただ、教育を受けられないのは納得いきません。

 

 f:id:mariina0919:20170520230152j:image

 

お墓で暮らす人々について知り、皆様は何を感じますか?


私が思ったことは、

彼らを、この環境で妥協させてしまっているのではないのか、

ということです。


無料で住めて、丈夫な屋根も頑丈な壁もあって、政府も金銭的支援をしてくれて、たまに炊き出しもしてくれて、もうここを出たくない!って状況になってしまっているのでは?自立への努力をボランティアや政府自身が妨げているのでは?(かなり偏った見方なのは承知です)

 

貧しい人は豊かな人生に向けて努力すべき、とは全く思いません。「貧しい=不幸」ではないと思うからです。けど、違法を見逃していたらいけないと思うんです。治安も環境も悪くなる。

 

 f:id:mariina0919:20170520233410j:image

住む場所と仕事さえあれば、そして教育を受けられれば、貧しくても家族で支えあって生きていける。


教育と雇用をどう解決していくか・・・

やっぱり私は、無償支援じゃないところにヒントがあると思うんです。

 

まだまだ学びを続けます。


来週は山村集落で暮らす人々を訪れる予定です。またレポートします!